日本油化工業

» English » サイトマップ

製品

日本油化工業 » 製品 » 洗浄剤 » エアクーラ洗浄剤

洗浄剤

エアクーラ洗浄剤

製品名

ユニゾール AC

ユニゾール SH

荷姿


液体 18L

用途

エアクーラ空気側洗浄剤

エアクーラ空気側洗浄剤

効果

エンジンのエアクーラ空気側フィンに
付着した油分を含む
カーボン質の汚れの洗浄。
(強力、原液使用)

エンジンのエアクーラ空気側フィンに
付着した油分を含む
カーボン質の汚れの洗浄。
(稀釈使用)

製品名

ユニゾール SR

ユニゾール EVⅡ

荷姿


液体 18L、200L


液体 18L

用途

プレートクーラ用
スケール除去剤

エアクーラ海水側洗浄剤(高温)

効果

クーラを開放することなく、
循環洗浄による迅速な
スケール溶解除去が可能

エンジンのエアクーラ海水側チューブ
内に付着した白色スケール
(硫酸カルシウム)の溶解、除去。

お問い合わせはこちら

カタログのダウンロードはこちらから

空気側フィンの汚れについて

エアクーラ空気側フィンに付着している汚れは、煤などのカーボン質粒子と燃料油の未燃成分等のオイルミストが一体化したものです。
カーボン質粒子はアルカリ性洗浄剤で、オイルミストが付着したものは油性洗浄剤でそれぞれ除去できますが、両者が一体化した汚れはそのどちらでも洗浄が困難です。アルカリ洗浄剤で洗おうとすると、油分がアルカリ洗浄剤(水性)を寄せ付けず、油性洗浄剤ではカーボン質部分が邪魔をして油分が除去できません。
ユニゾール AC、ユニゾール SHは、カーボン質と油分の両方を同時に除去できるよう設計した洗浄剤です。取り外して浸漬できる場合の効果的な洗浄方法として、まず下半分を浸漬して遊離した汚れを濯いだ後、上半分を浸漬することをお勧めします。この方法により、フィンから剥離、膨潤した汚れをフィン間に詰まらせないよう上手く濯ぐことができます。

海水側チューブ内の汚れについて

多数の船舶のエアクーラ海水側に付着した白色スケールは、殆どが炭酸カルシウムで、そこに少量の硫酸カルシウムが含まれています。
従って多くの場合、炭酸カルシウム部分を溶解除去することでスケール全体を取り除くことができます。
しかしスケールの付着量がチューブが閉塞する程に多くなった場合、チューブを閉塞した円柱型のスケールは、しばしば外側(チューブ接触側)が炭酸カルシウム、中心部(海水が通ることのできる部分)が硫酸カルシウムという構造になっています。硫酸カルシウムは、高温になるほど生成し易い性質があります。

このように付着スケール量が多くなると、スケール洗浄剤を投入してもスケールとの接触面積が非常に小さくなり、溶解に長時間を要することになります。また硫酸カルシウムは酸性洗浄剤では溶解することができません。
ユニゾール SRは炭酸カルシウムの強力な溶解剤です。従って付着スケールでチューブの閉塞が進む前に、早期の段階で、或いは定期的にユニゾール SRによる循環洗浄をお勧めします。完全閉塞してからでは循環洗浄ができません。

モノタロウの販売ページを開く

エアクーラ洗浄剤のお問い合せはこちら

より詳しく知りたい方は、専門の担当者から回答致しますので、
(1)専用フォーム(2)E-mail(3)FAX
のいずれかにてお問合せ下さい。

メールでのお問い合せはこちら (専用フォーム)

電話でのお問い合わせ 045-222-6145(受付時間:平日9:00~17:00)