日本油化工業

» English » サイトマップ

製品

日本油化工業 » 製品 » 燃料油添加剤 » バナジウムアタック防止剤

燃料油添加剤

バナジウムアタック防止剤

製品名

ユニック 600S-Ⅱ

ユニック 600SX

荷姿


18L 石油缶・200Lドラム缶


200Lドラム缶

用途

バナジウム灰改質 (ディーゼル用)

バナジウム灰改質 (ボイラ用)

効果

バナジウム灰の融点を上げ
付着性のない灰に改質する。
排気弁吹き抜け、サージングの防止。

ボイラーでバナジウム含有量の多い
燃料油を使用した時のスラッグ付着防止。

お問い合わせはこちら

カタログのダウンロードはこちらから

ユニック 600S-Ⅱ、ユニック 600SXの効果

ユニック 600S-Ⅱ、ユニック 600SXは、燃料油由来の燃焼灰をサラサラの状態にして、エンジンやボイラを燃焼灰による汚損、高温腐食から守り、それらの寿命を延ばすことができます。

ユニック 600S-Ⅱ、600SXに含まれる成分は、燃焼する際にバナジウム化合物と結合してそれらを融点の高い化合物に変化させると同時に、表面を覆う結果、元のバナジウム灰は、付着性の無いサラサラした軽い灰に変質されます。
(写真参照)

バナジウム化合物の灰

無添加

600S-Ⅱ添加

融点が低く付着し易い灰

融点が高く付着しにくい灰

  • バナジウムアタックに起因する排気弁吹き抜け、サージングが防止されます。
  • 排ガスエコノマイザのフランの付着、廃油焚きボイラの汚損が抑制されます。
バナジウムアタックとは?

一言でいうと溶融したバナジウム化合物の付着に起因する高温での金属腐食のことです。C重油にはバナジウム以外にも硫黄、ナトリウム等が含まれ、それらが化合したバナジウム化合物の灰には、下表のように融点が約500℃近辺の物があります。
これらのバナジウム化合物は、エンジンやバーナーの熱により融解した状態で排気経路中に達してそこに付着し、付着金属面の酸化皮膜を破壊し、金属を腐食させます。

化合物

融点(℃)

化合物

融点(℃)

V2O5

690

5Na2O・V204

535

Na2O・5V2O5

623

2Na2O・3V2O5

565

Na2O・V2O5

630

10Na2O・7V2O5

574

2Na2O・V2O5

640

Na2O・2V2O5

614

Na2O・6V2O5

652

Na2O・3V2O5

621

NaVO3

630

5Na2O・V2O4・11V2O5

535

Na2O・V2O4・5V2O5

625

燃焼灰付着防止添加剤のお問い合せはこちら

より詳しく知りたい方は、専門の担当者から回答致しますので、
(1)専用フォーム(2)E-mail(3)FAX
のいずれかにてお問合せ下さい。

メールでのお問い合せはこちら (専用フォーム)

電話でのお問い合わせ 045-222-6145(受付時間:平日9:00~17:00)