日本油化工業

» English » サイトマップ

会社概要

日本油化工業 » 会社概要

社長挨拶

当社は1960年7月の創業より、舶用分野で養われて来た豊富な経験を基に確かな技術とたゆまぬ研究から、お客様にご満足頂ける製品を製造しご提供して参りました。
特に舶用燃料油の燃焼改善技術など船舶エンジンの燃焼に関する独自のノウハウと高い技術力及び現場力を積み重ねて来ましたことは当社の最大の強みでございます。

現在では当社製品は船舶向けのみならず陸上プラントや自動車関連分野にも対応し、お客様のニーズに沿った製品及び技術サービスをご提案しています。
また、製品製造・販売のみならず、技術研究所内分析センターでは燃料油、潤滑油、工業用水(ボイラ水、冷却水等)及びスラッジ・スケール等の分析業務を行い、豊富な技術と経験を活かしたアドバイスやコンサルティングも行っております。

さらには、環境にやさしく、時代のニーズを先取りした新しい製品・技術開発に挑戦しながら、お客様から一層ご信頼頂ける企業を目指して、今後も社会的責任を果たしてゆく所存です。

代表取締役社長 釜田 和利

会社概要

会社名

日本油化工業株式会社

所在地

■本社
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9 横浜郵船ビル3F » 地図
TEL:045-201-8867 FAX:045-201-8358

■神戸営業所
〒650-0024 神戸市中央区海岸通1-1-1 神戸郵船ビル1階 » 地図
TEL:078-321-4105 FAX:078-321-4107

■横浜工場
〒245-0053 横浜市戸塚区上矢部町2148-3 » 地図
TEL:045-811-2731 FAX:045-811-2733

資本金

2000万円

代表者名

釜田 和利

従業員数

60名

設立年月日

昭和35年7月22日

業務内容

■化学製品の製造・販売、設計・開発
燃料油添加剤、業務用化学洗浄剤、流出油処理剤、自動車洗車機用洗剤及びワックスなど

■機器・装置の製造・販売、設計・開発
海洋生物付着防止剤、超音波洗浄装置、排水処理装置、流出油処理関連機器・資材、オイルテスタなど

■受託業務
燃料油・潤滑油・水等の分析業務、コンサルタント業務など

 

会社沿革

1960年(昭和35年)7月

本社を横浜市中区に、製造工場を横浜市鶴見区に設置し、燃料油添加剤(スラッジ分散剤)メーカーとして創業開始

1966年(昭和41年)12月

資本金2000万円に増資すると共に、横浜市戸塚区に新工場を建設・移転

1970年(昭和45年)4月

重油防カビ剤「デストールF」を開発

1975年(昭和50年)2月

自動車洗車機用洗剤及びワックスを開発。自動車洗車機分野に進出

1977年(昭和52年)2月

海洋生物付着防止剤 「ユニシェル V6」を開発

1982年(昭和57年)11月

低質燃料油添加剤としてディーゼルエンジン用にユニック600Sを、ボイラ用にユニック600BAを開発

2000年(平成12年)8月

ISO 9001の認証取得 (BVQI 現BV Japan )

2000年(平成12年)12月

スラッジ分散型添加剤「ユニック 500D」の分散性能証明書を日本海事協会(Class NK)より取得

2001年(平成13年)1月

スラッジ分散型添加剤「ユニック 500D」を改良し、燃焼改善効果も持たせた「ユニック555D」を開発

2001年(平成13年)9月

横浜工場内に「技術研究所」を設立。
株式会社NYK輸送技術研究所より分析部門の移管を受け、技術研究所内に「分析センター」を設立

2002年(平成14年)1月

軽油及びA重油用発煙抑制型燃料油添加剤「エコノフリー A」を開発

2002年(平成14年)

海洋生物付着防止剤「ユニシェルV7α」及び同剤の注入装置「ユニシェルV7αシステム」を開発

2005年(平成17年)7月

強力消臭剤「ユニゾール O-Xtra」を開発

2009年(平成21年)9月

低硫黄燃料油用潤滑性向上剤「ユニック 700LS」を開発

2014年(平成26年)4月

バラスト水処理装置「SKY-SYSTEM®」が、国際海事機関(IMO)の第66回海洋環境保護委員会(MEPC66)にてG9最終承認を取得 (株式会社片山化学工業研究所と共同開発)

2014年(平成26年)9月

ユニック700LSに防カビ性能を持たせた「ユニック 750LS-F」を開発

2014年(平成26年)10月

バラスト水処理装置「SKY-SYSTEM®」が国土交通省より承認を取得。
(G8施工前試験合格証明書)

2015年(平成27年)2月

プレートクーラ等のスケールの無開放洗浄用の洗浄剤「ユニゾール SR」を開発