日本油化工業

分析サービス

日本油化工業 » 分析サービス » ISO17025:硫黄分分析

分析サービス

ISO/IEC 17025による硫黄分分析サービス
(ISO/IEC 17025の認定取得)

技術研究所 分析センター ラボラトリは、JIS Q 17025(ISO/IEC 17025)による試験所認定を取得し、石油製品の硫黄分分析を実施しています。(試験規格ISO 8754:2003、JIS K 2541-4:2003)

IMO MARPOL 73/78 Annex VI では、舶用燃料油の硫黄分は、試験法ISO 8754:2003により、ISO/IEC 17025認定を受けた、または同等の試験所で分析することとなっています。
分析センター ラボラトリは、試験所認定により、国際的に信頼性が保証されますので、より安心してご利用いただけます。

  • 現在使用している、燃料油の硫黄分濃度の確認・提示
  • 補油した燃料油の硫黄分濃度の確認・提示
  • スクラバ洗浄水や、排ガス分析を行う際の、使用燃料油の硫黄分濃度の確認・提示・・・など

なお、分析のご依頼に際し、下記のご協力をお願いいたします。【注:下線部はリンク】

  • 分析依頼される際には、サンプル送付前に、必ず弊社営業までご連絡ください。
  • ISO17025用分析依頼書を用意しています。ご依頼時には、必ずご記入をお願いいたします。
  • サンプル発送伝票の品目欄に「ISO17025硫黄分分析サンプル」である旨ご記載ください。

試験所認定とは、特定の種類の試験を実施する試験所の技術能力を証明する手段の一つです。分析センター ラボラトリは認定機関であるJABにより、ISO/IEC 17025に基づく試験所の能力に関する審査を受け、能力を有していることが認定されています。
試験所認定は能力のある試験所の国際的な承認であり、国際的にその信頼性が保証されます。世界の多くの国が、試験所の技術的能力を判断するための判断基準としています。

皆様のご利用をお待ちしております。

認定機関 公益財団法人 日本適合性認定協会
(JAB:Japan Accreditation Board)
JAB
認定番号 RTL04770
初回認定日 2020年4月21日
有効期限 2024年4月30日
適用基準 JIS Q 17025:2018 (ISO/IEC 17025:2017)
認定範囲 化学試験 石油および関連製品 蛍光X線分析による硫黄分
試験規格 ISO 8754:2003 Petroleum products-Determination of sulfur content-Energy-dispersive X-ray fluorescence spectrometry
JIS K 2541-4:2003 原油及び石油製品-硫黄分試験方法 第4部:放射線式励起法

(リンク)
認定範囲の詳細
https://www.jab.or.jp/system/service/testinglaboratories/accreditation/detail/759/
公益財団法人 日本適合性認定協会
https://www.jab.or.jp/