日本油化工業

» English » サイトマップ

製品

日本油化工業 » 製品 » 燃料油添加剤 » エマルジョンブレーカ

燃料油添加剤

エマルジョンブレーカ (油水分離剤)

製品名

ユニック 300

荷姿


200Lドラム缶

用途

エマルジョンブレーカ

効果

水が混入した重油中に添加し水を分離させる。

お問い合わせはこちら

カタログのダウンロードはこちらから

重油と水のエマルジョン(乳化物)の生成

通常、水と油は混ざらずに分離しますが、そこに乳化剤(1つの分子中に水に溶ける部分と油に溶ける部分を持つ物質)が存在すると、水は油の中に細かい水滴として分散され全体としてエマルジョン(乳化物)になります。
C重油中には種々の高分子量の物質も含まれており、それらには乳化剤の働きをするものもあります。そのため重油によっては水が混入した際、水を乳化して強固なエマルジョンを形成する場合があります。

ユニック 300によるエマルジョンの破壊 → 油と水の分離

ユニック 300がエマルジョンの形成を阻害することにより、エマルジョン中の水は細かい水滴として存在できなくなり、大きな水滴として分離し、タンク底に沈降します。また清浄機で分離、除去できるようになります。

モノタロウの販売ページを開く

エマルジョンブレーカのお問い合せはこちら

より詳しく知りたい方は、専門の担当者から回答致しますので、
(1)専用フォーム(2)E-mail(3)FAX
のいずれかにてお問合せ下さい。

メールでのお問い合せはこちら (専用フォーム)

電話でのお問い合わせ 045-222-6145(受付時間:平日9:00~17:00)